使い方ガイド

ランプベルジェ情報TOP > 使い方ガイド

ランプベルジェの正しい使い方

ランプベルジェの使い方をご使用前の注意点からメンテナンス方法まで、くわしくご紹介します。正しく扱うことが、ランプベルジェのよさを引き出すための大切なポイントです。お使いになる前には、以下の内容をしっかりと確認しましょう。

  • ご使用の前に
  • ランプベルジェの使い方
  • メンテナンスについて

ご使用の前に

ランプベルジェ製オイルの開封方法

ランプベルジェのオイルは小さなお子様の誤飲を防ぐため、キャップが二重構造になっています。
下に押しながら反時計回りにキャップを開封してください。
それでも開封できない場合は、紺色のキャップを上に強く引っ張ってください。
すると紺色のキャップがはずれ、白いキャップがあらわれます。
この白いキャップはペットボトルのキャップと同じ方法で開封できます。

使用範囲・使用時間

ひとつのランプで10畳程度(ミニランプは6畳程度)の広さでご使用いただけます。
換気状態によっても異なりますが、30分焚いていただくと3時間程度、香りや殺菌・消臭作用が持続します。

注意事項
  • 当店で販売しているフレグランスオイルはイソプロピルアルコールを使用していますので、引火には十分ご注意ください。また、専用のアロマランプ以外でのご使用はご遠慮ください。
  • 小さなお子様の手の届かないところに保管してください。また、絶対に口に含まないでください。
    万が一飲み込んでしまった場合には、すぐに医師の手当てを受けてください。
  • バーナーが保温しない場合でも、無理に何度も火をつけないでください。故障の原因となります。

PAGETOP

ランプベルジェの使い方

STEP01 ランプ・オイルを選ぶ

お好みのアロマランプとアロマオイルをお選びください。当サイトでは用途や効果などからの選び方をご紹介していますので、「どれを選べばいいかわからない」という方はぜひご参考にしてください。

STEP02 オイルを準備する

ランプを安定した場所に置き、付属の漏斗を使ってアロマオイルをランプの容量の3分の2程度まで入れます。

※ランプは火気のそばに置かないでください。
※オイルがこぼれた場合やランプに付着した場合は、完全に拭き取ってください。

STEP03 芯に染み込ませる

バーナーのロープ部分をランプに挿し込んで消火キャップをかぶせてください。ロープを伝ってアロマオイルが先端のセラミック部分まで、30分~1時間ほどかけて染み込みます。

セラミックの色が乾燥している色(明るいグレー)から黒色になれば使用可能です。

STEP04 火をつける

消火キャップをはずし、先端のセラミック部分に火をつけてください。勢いよく火がつくことがありますので十分ご注意ください。着火後2分~2分半(ミニランプの場合1分~1分半)程度燃焼させ、セラミックを温めます。火が小さくなったら、火を吹き消してください。

※火を吹き消してから消臭、芳香が始まりますここで十分にセラミックを温めないと火を吹き消したときに不完全燃焼になり、うまく香りが出なかったり煙が出なかったりする場合があります。
※いつのまにか火が消えてしまった場合はロープが焦げている場合があります。

ロープが焦げた場合の対処は豆知識・バーナーの交換方法をご覧ください。

STEP05 芳香させる

火を吹き消し、キャップ(飾り蓋)をかぶせます。吹き消してから手をかざし、きちんと熱を保温できていれば芳香できている状態です。

ご使用中やご使用後しばらくはバーナー・キャップ共に熱くなっていますので、直接手で触れないでください。

火を吹き消したあとに煙が出た場合

白い煙が出た場合
新品のバーナーには樹脂加工がされています。そのため使い始めてから数回は樹脂が焼けるニオイがしたり白い煙が出たりする場合があります。そのままご使用いただいても問題はありませんので、ご安心ください。
何度かご使用いただいたバーナーで白い煙が出た場合は、セラミック部分をしっかりと燃焼させずに消火してしまったことが原因として考えられます。その際は、もう一度消火キャップを閉め、再度オイルが浸透してからご使用ください。
黒い煙が出た場合
先端のセラミック部分のなかに挿し込んでいるロープが焦げている可能性があります。すぐに消火キャップを閉めて、使用を中止し、下記のバーナーメンテナンスをお試しください。

STEP6 ランプを消す

お好みにもよりますが、6~10畳程度のお部屋であれば、30~40分のご使用(30cc程度のオイル消費)で香りが広がります。十分に香りが広がり、使用を停止したいときは消火キャップをかぶせてください。また、オイルがなくなるまで焚ききってしまうと、空焚き状態となりバーナーの不良の原因となりますのでご注意ください。

※芳香中以外は常に消火キャップをかぶせてください。消火キャップをせずに放置しますとオイルがすべて蒸発してしまいます。

成分の粒子が大きいオイルを使用する際の注意事項

ヒナギク、シトロネル、ビャクダンは成分の粒子が粗くつくられています。そのため、セラミック部分の小さな穴がふさがりうまく芳香ができなくなってしまったり、火がつかなくなってしまったりすることがあります。不具合がみられた際は、その他のオイルで30分程度ご使用いただくと目詰まりを改善できます。

※それでも改善がみられなかった場合は、ヌートレなどの無香性オイルに3~5時間程度バーナーを浸けておくと改善することがあります。

PAGETOP

メンテナンスについて

火がつかないときの原因と改善方法
原因
1. オイルがセラミック部分に浸透していない
改善方法
  • 消火キャップの閉め忘れなどがないか、ご使用方法をもう一度ご確認ください。
  • 先端のセラミック部分のなかに挿し込んでいるロープが、しっかりと奥まで挿し込まれているかもう一度ご確認ください。
  • 先端のセラミック部分のなかに挿し込んでいるロープが焦げている可能性があります。
    バーナーの交換方法をお試しください。

※上記のいずれの方法を試しても改善しない場合、バーナーの初期不良が考えられます。お手数ですが当店にご連絡ください。

原因
2. バーナーの寿命
改善方法
単品にて販売している交換用バーナーをお買い求めください。

※使用方法や頻度により異なりますが、約半年に1回もしくは使用回数250回に1回が交換目安です。
※ミニランプ用バーナーは1ヶ月に1回程度が交換目安です。

オイルの消費スピード
原因
オイルを吸い上げる量が多すぎもしくは少なすぎる
改善方法
バーナーの調整方法をご確認いただき、ロープの位置を調整してください。

オイルの消費スピード
・ラージランプ用バーナー → 30分で約30~40ccを消費
・ミニランプ用バーナー → 30分で約20~30ccを消費
※あくまで目安です。使用状況によっては異なる場合があります。

PAGETOP

本物だけを取り扱う日本で一番有名なランプベルジェ老舗ショップのご紹介